ロスミンローヤル 副作用

ロスミンローヤルの副作用について配合成分から詳しく解説しました。ロスミンローヤルの購入を検討している方は参考にして下さい。
MENU

ロスミンローヤルの副作用は?あなたのために大解剖!

ロスミンローヤル口コミ

 

シミだけじゃなく、小じわや冷え、凝りにも効果を発揮してくれるロスミンローヤル

 

  • 試してみたいけれど医薬品という表記を見て副作用が気になった
  • そもそもサプリと医薬品は何が違うの?
  • アレルギーがあるけれどどんな成分が含まれているか知りたい!
  • 妊娠中は大丈夫?

 

というあなたのために成分や副作用を大解剖です。

 

ロスミンローヤルは医薬品です!

きちんとした基準を元に販売されている第3類医薬品です。

 

第3類医薬品は副作用などの安全性は高いですが医薬品なので体質や体調によっては副作用が起こる可能性があります。

 

医薬品とサプリは違うもの!

そもそも医薬品とサプリの違いって何?という方もいらっしゃると思うので簡潔に説明します。

 

医薬品は病気の予防や治療が目的の薬。

細胞実験、動物実験、ヒト実験などの一定の基準をクリアしてか自治体から承認を受けなければ販売できないんです。

 

サプリは足りない栄養を補うための食品。

治療目的ではなので医薬品のような細かいきまりがなく、健康食品と同じ位置付けです。

 

気になる成分は?13種類の有効成分に9種類の生薬配合!

13種類の有効成分の効果効能

 

L-システイン

抗菌作用のあるアミノ酸で、シミやソバカスなどのない綺麗な肌を保つために欠かせません。

 

DLメチオニン

体内では作ることのできないアミノ酸です。アレルギーの緩和やアンチエイジングに効果があります。

 

アスコルビン酸

ビタミンCです。抗酸化作用、メラニン色素の生成を防ぐ、免疫UP

 

ビタミンE散

別名酢酸トコフェロール。抗菌作用、血行促進、シミソバカスなどアンチエイジング効果があります。

 

過剰に摂取しすぎると食欲不振などの副作用がでることがあります。

 

チアミン塩化物塩酸塩

ビタミンB1です。皮膚や粘膜を健康に保つことを助けてくれ、疲労回復にも効果があります。

 

リボフラビン

ビタミンB2です。新陳代謝の促進や健康なお肌を保ってくれます。

 

ニコチン酸アミド

血行促進、皮膚や粘膜を健康に保ってくれます。

 

パントテン酸カルシウム

ビタミンB5です。代謝の促進に効果があります。カルシウムとありますが栄養素としての効果はほぼありません。

 

ピリドキシン塩酸塩

ビタミンB6です。ニキビや肌荒れ防止、代謝の促進効果があります。

 

シアノコバラミン

ビタミンB12です。神経機能を正常の保つ、貧血予防などに効果があり、別名は赤いビタミンとも言われています。

 

カルニチン塩化物

胃の蠕動運動を促進させます。

 

安息香酸ナトリウムカフェイン

眠気やだるさを取ってくれたり、頭痛を和らげてくれます。

 

含まれているのは微量ですがカフェインなのでカフェイン剤を服用されているようでしたらお医者さんに相談してみることをお勧めします。

 

グリチルリチン酸-アンモニウム

抗炎症作用、抗アレルギー作用があります。カンゾウというマメ科の植物の根っこに含まれている有効成分です。

 

9種類の生薬

ローヤルゼリー

健康食品といえばのローヤルゼリーです!

 

美容はもちろんのこと更年期障害の緩和、冷えや肩こりの改善、免疫力UPなど書ききれないほどたくさんの効果があります。

 

トウキ末】

婦人科系の症状に効果があり、血行を促進し冷えやホルモンバランスを整えくれます。

 

シャクヤク末】

婦人科系の症状に効果があり、更年期障害や月経不順、筋肉の痙攣や神経痛にもこうかが あります。

 

ブクリョウ末

動悸や目眩に効果があり、利尿作用もあります。

 

ソウジュツ末

胃の不調に効果があり、利尿作用もあります。

 

タクシャ末

利尿作用、コレステロールの降下作用があります。

 

センキュウ末

鎮静、鎮痛作用があり頭痛に効果があります。

 

飲みすぎてしまうと耳鳴りや鼻血などののぼせの症状が出てしまい、中耳炎を引き起こしてしまうことがあります。

 

ハンゲ末

去痰などの気管支の不調、つわりや吐き気にも効果があります。

 

ニンジン末

体を温めて新陳代謝を促し、冷えを改善してくれます。胃の不調にも効果があります。

 

用法用量を守れば安心!

1日の朝昼晩3回、3錠の決められた用法用量を守れば安心してお使いいただけます。

 

医薬品ですので100パーセント副作用がないわけではありませんが、第3類医薬品なのでリスクは低いので安心してくださいね。

 

アレルギーや飲み合わせに不安がある方はお医者様に相談することをお勧めします。

 

妊娠中、授乳中だって飲めるんです!

妊娠中の方や授乳中の方が最も気になるのがお腹の大切な赤ちゃんへの影響ですよね。

 

ロスミンローヤルの説明書の効果の欄には妊娠授乳期、病中病後、肉体疲労、食欲不振などの場合の栄養補給と書かれています。なので妊娠中や授乳中も飲めます。

 

どうしても心配な方はかかりつけの産婦人科や、小児科へ聞いてみてから購入をすれば安心です。

 

ロスミンローヤルを購入なら定期コースがお得!その3つのの理由!

成分も副作用もわかったし、購入してみようとお考えなら是非定期コースで購入してみてください。

 

  • 配送料が無料になります。
  • 2回目からもお得に購入ができます。
  • いつでも変更、解約可能。

 

この中でも一番の注目はいつでも変更解約が可能ということです。

 

試してみたけどやっぱり合わなかったというときに、よくある定期コースの使用期間などの縛りがなく電話やネットからすぐに解約ができます。

 

解約時の注意点があった!それはお届け10日前までのお手続き!

解約をする際に注意点が1つ。お届けの10日前までに解約手続きをすることです。

 

ロスミンローヤルの定期コースは毎月10日、20日、月末と3種類のサイクルがあります。

 

自分のお届けサイクルの10日前までに解約手続きをしてください。ご自身のお届けサイクルはマイページからいつでも確認できますよ。

 

まとめ

いかがでした?第3類医薬品なので用法用量を守れば副作用のリスクも低く安心してお使いいただます。

 

ロスミンローヤルは長く使えば使うほど効果を実感できる商品です。

 

長くお付き合いするためにも妊娠中や授乳中、お薬の飲み合わせが心配な方は是非一度お医者様や薬剤師さんに相談してみて下さい。

 

>>ロスミンローヤル公式【1ヶ月1900円】でお試し<<

 

 

ロスミンローヤル参考記事

このページの先頭へ